キャバクラバイトの不安、解消します!

キャババイトに付きまとう不安、本当は怖い?

お金が欲しい…でも、夜のお仕事ってなんだか不安で、興味があれけれど、いま一歩踏み出せないな…なんて悩んでいる女の子のみなさん、最近は結構多いみたいですね。

確かに、夜のお仕事と言われると、普通のお仕事とはちょっと違うんじゃないか、何か怪しい事に関わったり、悪い人と繋がってしまうんじゃないかなんて、色々とよからぬ想像をしちゃうんじゃないかなと思います。

確かに、業界のことを全く知らない人からすれば、キャバクラのバイトなどは未知の領域と言えますよね。

ただ、普通のアルバイト等と比べてみると、お給料が全く違っていて、時給5000円~なんて求人も多いですし、体験するだけで数万円もらえちゃう!みたいな話ばかり先行してしまうと、絶対にアヤシイみたいな気持ちになってしまうのも、分からなくもないですよね。

さて、そこでどうしても一歩を踏み出せないみなさんに、キャバのバイトって本当は怖くないよ!ということを、リアルな話に基づいて、ご紹介していければと思っています。

ぜひ最後までご覧くださいね。

キャバクラバイトに関するその不安、本当の所は?

キャバクラに関して、色々な不安を抱えている女の子は多いと思います。

リアルに働いていれば実態を知っているので怖くないことでも、やっぱり自分が知らないこと、しかもお金が発生することを考えればどことなく心配な気持ちになってしまうのは無理もありません。

でも、キャバクラバイトも他のアルバイトと同様、法律の範囲内でしっかりとお仕事をするということに変わりはありません。

法に背くような行為をさせられるのであれば、それは大問題になると思いますが、基本的には法律を無視してブラックな行為をさせられたりするような事というのはありません、むしろ、お店の側が働いている女の子を守る立場として、いざというときには守ってくれるという場合も多いのです。

確かに、お給料などの待遇面、あるいは仕事内容などを考えてみると、どちらかと言われると特殊なお仕事であって、”いわゆる普通”ではないのかもしれません。

でも、実際にはお酒を飲みながらお客さんと話をして、楽しませてあげたり、癒してあげることを目的としているわけですから、ある意味女性の魅力をウリにしたカウンセリング業と捉えることもできます。

もちろん、この業界だけに限りませんが、中には悪質な運営会社も存在しています。

なので、そういったお店を避けさえすれば、安心して働くことができるので、むしろそれほど怖いという気持ちを持たなくても全然大丈夫なんですよ。

それでも、もし本当に困ってしまったら?

そんな時は一人で悩まずに、すぐに労働基準監督署へ相談しに行きましょう。

お店の人は監督署に行っても無駄と言ったり、行ったら訴える等と言ったりして脅かしてくるかもしれませんが、お店のある地域の監督署へ行けば、きちんと相談に乗って、あなたを守ってくれるはずです。

以下のリンクは、各都道府県の労働基準監督署の検索ページです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/location.html