キャバクラバイトの不安、解消します!
  1. これだけは避けたいキャバの罰金罰則

これだけは避けたいキャバの罰金罰則

キャバクラでバイトすることを躊躇している人の中には、罰則が厳しいというようなイメージをお持ちの方も覆いのではないでしょうか。

確かに、求人情報をみていると、その文言の中には「罰金」や「罰則」、あるいは「ノルマ」といった過酷なイメージがするものがチラリと見えますよね。

こういった言葉をみてしまうと、とても怖い場所なんじゃないか。

むしろ強制労働などをさせられてしまいそうなど、いたずらに不安な気持ちを膨らませてしまいそうですよね。

でも、ちょっと待ってください。

確かにそういった制度はあるのですが、きちんとこちらが正しい知識を持っていれば、決してそこまで怖がる必要はありません。

そこで、今回は皆さんにぜひ知っておいて頂きたい、危ないキャバクラバイトの罰金罰則事情について、ご紹介しておきたいと思います。

絶対に課されたくないキャバの罪と罰

はい、今回のテーマですが、ぶっちゃけてしまうとこういった制度は実際に存在していますし、今でもそれなりの数のお店で採用されているのではないかと思います。

これはこの夜の業界における一つの特徴、あるいは風習のようなものとも言えるかもしれません。

普通の会社だと、休んだ場合はその分のお給料が減るだけですよね。

でも、よく考えてみると休まれた分の仕事は誰かがフォローしていたりする部分もあるのではないかと思います。

その点、キャバクラという職場は、キャストさんが一日に何人働いて、お店の売上げがこの程度だろうと経営者からすればある程度運営上の予測を立てている部分もあると思います。

そこで、あらかじめ決められたシフトに沿ってうまく回せなければ、どこかで穴があいてしまい、お客様へのサービスの質が低下しかねません。

つまり、一人が突然シフトに穴をあけてしまうと、予定されていた売上げから下方修正が必要になってしまうのです。

ある意味では、そういった部分の責任の一部もしっかり負って仕事を全うしなければならない、とも言えるでしょう。

もちろん、普通に払えるような微々たる金額なので、いたずらに不安を感じる必要もありません。

ただ、シフトを組んだら休みをとらずその通りに出勤をする。

早退や遅刻はせず、予定通りにきちんと働ければ、そういった罰は課されないのです。

ここまで話しておいてなんですが、こういった罰則がないお店というのも、最近では増えてきています。

罰則罰金は絶対に嫌!ということであれば、そういった制度の無いお店を探すこともできるので、安心ですね。